EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_Product
SC_Productに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 setProductsOrder ($col, $table= 'dtb_products', $order= 'ASC')
 findProductIdsOrder (&$objQuery, $arrVal=array())
 findProductCount (&$objQuery, $arrVal=array())
 lists (&$objQuery)
 getListByProductIds (&$objQuery, $arrProductId=array())
 getDetail ($productId)
 getDetailAndProductsClass ($productClassId)
 setProductsClassByProductIds ($arrProductId, $has_deleted=false)
 getProductsClassByQuery (&$objQuery, $params)
 getProductsClass ($productClassId)
 getProductsClassByProductIds ($productIds=array(), $has_deleted=false)
 getProductsClassLevelByProductId ($productId)
 getProductsClassFullByProductId ($productId, $has_deleted=false)
 getProductsClassLevel ($productsClassResults)
 getProductsClassFull ($productsClassResults)
 getProductStatus ($productIds)
 setProductStatus ($productId, $productStatusIds)
 getBuyLimit ($p)
 reduceStock ($productClassId, $quantity)
 setPriceTaxTo ($arrProducts)
 alldtlSQL ($where="")
 prdclsSQL ($where="")
 getClasscategoryIdsByProductClassId ($productId, $classcategory_id1, $classcategory_id2)

変数

 $arrClassName
 $arrClassCatName
 $classCategories = array()
 $stock_find
 $className1 = ''
 $className2 = ''
 $classCat1_find
 $classCat2_find
 $classCats1
 $arrOrderData

説明

商品を扱うサービスクラス.

作者:
LOCKON CO.,LTD.
Kentaro Ohkouchi
バージョン:
Id:
SC_Product.php 21263 2011-09-28 07:15:05Z nanasess

関数

alldtlSQL ( where = "")

商品詳細の SQL を取得する.

引数:
string$where商品詳細の WHERE 句
戻り値:
string 商品詳細の SQL
findProductCount ( &$  objQuery,
arrVal = array() 
)

SC_Queryインスタンスに設定された検索条件をもとに対象商品数を取得する.

検索条件は, SC_Query::setWhere() 関数で設定しておく必要があります.

引数:
SC_Query$objQuerySC_Query インスタンス
array$arrVal検索パラメーターの配列
戻り値:
array 対象商品ID数
findProductIdsOrder ( &$  objQuery,
arrVal = array() 
)

SC_Queryインスタンスに設定された検索条件を元に並び替え済みの検索結果商品IDの配列を取得する。

検索条件は, SC_Query::setWhere() 関数で設定しておく必要があります.

引数:
SC_Query$objQuerySC_Query インスタンス
array$arrVal検索パラメーターの配列
戻り値:
array 商品IDの配列
getBuyLimit ( p)

商品詳細の結果から, 購入制限数を取得する.

getDetailAndProductsClass() の結果から, 購入制限数を取得する.

引数:
array$p商品詳細の検索結果の配列
戻り値:
integer 商品詳細の結果から求めた購入制限数.
参照:
getDetailAndProductsClass()
getClasscategoryIdsByProductClassId ( productId,
classcategory_id1,
classcategory_id2 
)

商品規格ID1、2に紐づいた,product_class_idを取得する.

引数:
int$productId商品ID
int$classcategory_id1商品規格ID1
int$classcategory_id2商品規格ID2
戻り値:
string product_class_id
getDetail ( productId)

商品詳細を取得する.

引数:
integer$productId商品ID
戻り値:
array 商品詳細情報の配列
getDetailAndProductsClass ( productClassId)

商品詳細情報と商品規格を取得する.

引数:
integer$productClassId商品規格ID
戻り値:
array 商品詳細情報と商品規格の配列
getListByProductIds ( &$  objQuery,
arrProductId = array() 
)

商品IDを指定し、商品一覧を取得する

SC_Query::setOrder()SC_Query::setLimitOffset() を設定して, 商品一覧 の配列を取得する. FIXME: 呼び出し元で設定した、SC_Query::setWhere() も有効に扱いたい。

引数:
SC_Query$objQuerySC_Query インスタンス
array | int$arrProductId商品ID
戻り値:
array 商品一覧の配列
getProductsClass ( productClassId)

商品規格IDから商品規格を取得する.

削除された商品規格は取得しない.

引数:
integer$productClassId商品規格ID
戻り値:
array 商品規格の配列
getProductsClassByProductIds ( productIds = array(),
has_deleted = false 
)

複数の商品IDに紐づいた, 商品規格を取得する.

引数:
array$productIds商品IDの配列
boolean$has_deleted削除された商品規格も含む場合 true; 初期値 false
戻り値:
array 商品規格の配列
getProductsClassByQuery ( &$  objQuery,
params 
)

SC_Query インスタンスに設定された検索条件を使用して商品規格を取得する.

引数:
SC_Query$objQuerySC_Queryインスタンス
array$params検索パラメーターの配列
戻り値:
array 商品規格の配列
getProductsClassFull ( productsClassResults)

商品規格の配列から, 商品規格のすべての組み合わせを取得する.

private

引数:
array$productsClassResults商品規格の結果の配列 @ array 階層ごとの商品規格の配列
getProductsClassFullByProductId ( productId,
has_deleted = false 
)

商品IDに紐づいた, 商品規格をすべての組み合わせごとに取得する.

引数:
array$productId商品ID
boolean$has_deleted削除された商品規格も含む場合 true; 初期値 false
戻り値:
array すべての組み合わせの商品規格の配列
getProductsClassLevel ( productsClassResults)

商品規格の配列から, 商品規格を階層ごとに取得する.

private

引数:
array$productsClassResults商品規格の結果の配列
戻り値:
array 階層ごとの商品規格の配列

商品IDに紐づいた, 商品規格を階層ごとに取得する.

引数:
array$productId商品ID
戻り値:
array 階層ごとの商品規格の配列
getProductStatus ( productIds)

商品IDをキーにした, 商品ステータスIDの配列を取得する.

引数:
array商品ID の配列
戻り値:
array 商品IDをキーにした商品ステータスIDの配列
lists ( &$  objQuery)

SC_Queryインスタンスに設定された検索条件をもとに商品一覧の配列を取得する.

主に SC_Product::findProductIds() で取得した商品IDを検索条件にし, SC_Query::setOrder()SC_Query::setLimitOffset() を設定して, 商品一覧 の配列を取得する.

引数:
SC_Query$objQuerySC_Query インスタンス
戻り値:
array 商品一覧の配列
prdclsSQL ( where = "")

商品規格詳細の SQL を取得する.

MEMO: 2.4系 vw_product_classに相当(?)するイメージ

引数:
string$where商品詳細の WHERE 句
戻り値:
string 商品規格詳細の SQL
reduceStock ( productClassId,
quantity 
)

在庫を減少させる.

指定の在庫数まで, 在庫を減少させる. 減少させた結果, 在庫数が 0 未満になった場合, 引数 $quantity が 0 の場合は, 在庫の減少を中止し, false を返す. 在庫の減少に成功した場合は true を返す.

引数:
integer$productClassId商品規格ID
integer$quantity減少させる在庫数
戻り値:
boolean 在庫の減少に成功した場合 true; 失敗した場合 false
setPriceTaxTo ( arrProducts)

商品情報の配列に, 税込金額を設定して返す.

この関数は, 主にスマートフォンで使用します.

引数:
array$arrProducts商品情報の配列
戻り値:
array 税込金額を設定した商品情報の配列
setProductsClassByProductIds ( arrProductId,
has_deleted = false 
)

商品IDに紐づく商品規格を自分自身に設定する.

引数の商品IDの配列に紐づく商品規格を取得し, 自分自身のフィールドに 設定する.

引数:
array$arrProductId商品ID の配列
boolean$has_deleted削除された商品規格も含む場合 true; 初期値 false
戻り値:
void
setProductsOrder ( col,
table = 'dtb_products',
order = 'ASC' 
)

商品検索結果の並び順を指定する。

ただし指定できるテーブルはproduct_idを持っているテーブルであることが必要.

引数:
string$col並び替えの基準とするフィールド
string$table並び替えの基準とするフィールドがあるテーブル
string$order並び替えの順序 ASC / DESC
戻り値:
void
setProductStatus ( productId,
productStatusIds 
)

商品ステータスを設定する.

TODO 現在は DELETE/INSERT だが, UPDATE を検討する.

引数:
integer$productId商品ID
array$productStatusIdsON にする商品ステータスIDの配列

構造体

$arrClassCatName

規格分類名一覧

$arrClassName

規格名一覧

$arrOrderData

検索用並び替え条件配列

$classCat1_find

規格1が設定されている

$classCat2_find

規格2が設定されている

$className1 = ''

規格1クラス名

$className2 = ''

規格2クラス名


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数