EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_Module
SC_Moduleに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_Module ($code, $name='')
 setName ($name)
 setCode ($code)
 getName ()
 _getName ()
 getCode ($toUpper=false)
 getBasePath ()
 getTemplatePath ()
 getClassPath ()
 _getSubData ($force=false)
 getSubData ($key=null, $force=false)
 registerSubData ($data, $key=null)
 registerMasterData ($key, $value)
 getMasterData ($key)
 log ($msg, $data=null, $suffix= '')

変数

 $moduleName
 $moduleCode
 $subData
 $classPath = 'class/'
 $templatePath = 'template/'
 $installPath = 'install/'

関数

_getName ( )

DBからモジュール名を取得する

戻り値:
string
_getSubData ( force = false)

dtb_moduleのsub_dataを取得する.

private

引数:
booean$force
戻り値:
mixed|null

モジュールのベースパスを返す

戻り値:
string

クラスパスを返す.

戻り値:
string
getCode ( toUpper = false)

モジュールコードを返す.

引数:
boolean$toUpper大文字に変換するかどうか.デフォルトはfalse
戻り値:
string
getMasterData ( key)

マスターデータを取得する.

キャッシュはmtb_mdl_[name]_[***].phpで保存されるが、 取得する場合はは$keyに***を指定する. 例えば、mtb_mdl_gmopg_paymethod.phpにアクセスしたい場合は、 $arrPaymethod = $masterData->getMasterData('paymethod'); で取得できる.

引数:
string$key
戻り値:
array
getName ( )

モジュール名を返す.

戻り値:
string
getSubData ( key = null,
force = false 
)

dtb_moduleのsub_dataを取得する.

引数:
string$key
boolean$force
戻り値:
mixed|null

テンプレートパスを返す

戻り値:
string
log ( msg,
data = null,
suffix = '' 
)

ログを出力.

引数:
string$msg
mixed$dataDumpしたいデータ.デバッグ用.
string$suffix
registerMasterData ( key,
value 
)

マスターデータを登録. 作りかけ...

引数:
unknown_type$key
unknown_type$value
registerSubData ( data,
key = null 
)

サブデータを登録する.

引数:
mixed$data
string
SC_Module ( code,
name = '' 
)

コンストラクタ

引数:
string$code
string$name
戻り値:
SC_Module

構造体

$classPath = 'class/'

パス定義

$moduleCode

モジュールコード

$moduleName

モジュール名

$subData

サブデータを保持する


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数