EC-CUBE
Public メソッド
クラス SC_Helper_Mobile
SC_Helper_Mobileに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 lfMobileCheckCompatibility ()
 lfMobileConvertInputValue (&$value)
 lfMobileInitInput ()
 lfMobileGetExtSessionId ()
 lfMobileGetSessionId ()
 lfMobileValidateSession ()
 lfMobileInitSession ()
 lfMobileInitOutput ()
 sfMobileInit ()
 gfAddSessionId ($url=null)
 sessionIdArray ($array=array())
 lfGenerateKaraMailToken ()
 gfPrepareKaraMail ($next_url, $session_id=null)
 gfRegisterKaraMail ($token, $email)
 gfFinishKaraMail ($token)
 sfMobileSetExtSessionId ($param_key, $param_value, $url)
 gfIsMobileMailAddress ($address)

関数

gfAddSessionId ( url = null)

Location等でセッションIDを付加する必要があるURLにセッションIDを付加する。

戻り値:
String
gfFinishKaraMail ( token)

空メール管理テーブルからトークンが一致する行を削除し、 次に遷移させるページのURLを返す。 

メールアドレスは $_SESSION['mobile']['kara_mail_from'] に登録される。

引数:
string$tokenトークン
戻り値:
string|false URLを返す。エラーが発生した場合はfalseを返す。
gfIsMobileMailAddress ( address)

メールアドレスが携帯のものかどうかを判別する。

引数:
string$addressメールアドレス
戻り値:
boolean 携帯のメールアドレスの場合はtrue、それ以外の場合はfalseを返す。
gfPrepareKaraMail ( next_url,
session_id = null 
)

空メール管理テーブルに新規エントリーを登録し、トークンを返す。

引数:
string$next_url空メール受け付け後に遷移させるページ (モバイルサイトトップからの相対URL)
string$session_idセッションID (省略した場合は現在のセッションID)
戻り値:
string|false トークンを返す。エラーが発生した場合はfalseを返す。
gfRegisterKaraMail ( token,
email 
)

空メールから取得したメールアドレスを空メール管理テーブルに登録する。

引数:
string$tokenトークン
string$emailメールアドレス
戻り値:
boolean 成功した場合はtrue、失敗した場合はfalseを返す。

空メール用のトークンを生成する。

戻り値:
string 生成したトークンを返す。

EC-CUBE がサポートする携帯端末かどうかをチェックする。 非対応端末の場合は /unsupported/ へリダイレクトする。

戻り値:
void

入力データを内部エンコーディングに変換し、絵文字を除去する。

引数:
string&$value入力データへの参照
戻り値:
void

dtb_mobile_ext_session_id テーブルを検索してセッションIDを取得する。

戻り値:
string|null 取得したセッションIDを返す。 取得できなかった場合は null を返す。

パラメーターから有効なセッションIDを取得する。

戻り値:
string|false 取得した有効なセッションIDを返す。 取得できなかった場合は false を返す。

モバイルサイト用の入力の初期処理を行う。

戻り値:
void

モバイルサイト用の出力の初期処理を行う。

出力の流れ 1. Smarty 2. 内部エンコーディングから Shift JIS に変換する。 3. 全角カタカナを半角カタカナに変換する。 4. 画像用のタグを調整する。 5. 絵文字タグを絵文字コードに変換する。 6. 出力

戻り値:
void

モバイルサイト用のセッション関連の初期処理を行う。

戻り値:
void

セッションデータが有効かどうかをチェックする。

FIXME "@" でエラーを抑制するのは良くない

戻り値:
boolean セッションデータが有効な場合は true、無効な場合は false を返す。
sessionIdArray ( array = array())

セッション ID を付加した配列を返す.

引数:
array$array元となる配列
arrayセッション ID を追加した配列

モバイルサイト用の初期処理を行う。

戻り値:
void

共有SSL対応のため、SC_SessionFactory_UseRequest::initSession()へ移行 また、他のセッション関連メソッドもSC_SessionFactory_UseRequestのインスタンスから呼び出すこと

参照:
data/class/session/sessionfactory/SC_SessionFactory_UseRequest.php
sfMobileSetExtSessionId ( param_key,
param_value,
url 
)

外部サイト連携用にセッションIDとパラメーターの組み合わせを保存する。

引数:
string$param_keyパラメーター名
string$param_valueパラメーター値
string$urlURL
戻り値:
void

このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数