EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_Helper_Mail
SC_Helper_Mailに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_Helper_Mail ()
 sfSendTemplateMail ($to, $to_name, $template_id, &$objPage, $from_address="", $from_name="", $reply_to="", $bcc= '')
 sfSendOrderMail ($order_id, $template_id, $subject="", $header="", $footer="", $send=true)
 sfSendTplMail ($to, $tmp_subject, $tplpath, &$objPage)
 sfSendMail ($to, $tmp_subject, $body)
 sfMakeSubject ($subject, &$objMailView)
 sfSaveMailHistory ($order_id, $template_id, $subject, $body)
 sfCheckCustomerMailMaga ($email)
 sfSendRegistMail ($secret_key, $customer_id= '', $is_mobile=false)
 sfGetMailmagaTemplate ($template_id=null)
 sfGetSendHistory ($send_id=null)
 sfSendMailmagazine ($send_id)

変数

 $arrMAILTPLPATH

関数

コンストラクタ.

sfGetMailmagaTemplate ( template_id = null)

保存されているメルマガテンプレートの取得

引数:
integer特定IDのテンプレートを取り出したい時はtemplate_idを指定。未指定時は全件取得
戻り値:
 array メールテンプレート情報を格納した配列
TODO:
表示順も引数で変更できるように
sfGetSendHistory ( send_id = null)

保存されているメルマガ送信履歴の取得

引数:
integer特定の送信履歴を取り出したい時はsend_idを指定。未指定時は全件取得
戻り値:
 array 送信履歴情報を格納した配列
sfSendMailmagazine ( send_id)

指定したIDのメルマガ配送を行う

引数:
integer$send_iddtb_send_history の情報
戻り値:
 void
sfSendRegistMail ( secret_key,
customer_id = '',
is_mobile = false 
)

登録メールを送信する。

引数:
string$secret_key会員固有キー
integer$customer_id顧客ID
boolean$is_mobilefalse(default):PCアドレスにメールを送る true:携帯アドレスにメールを送る
戻り値:
boolean true:成功 false:失敗

構造体

$arrMAILTPLPATH

メールテンプレートのパス


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数