EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_Helper_CSV
SC_Helper_CSVに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_Helper_CSV ()
 init ()
 sfDownloadCsv ($csv_id, $where="", $arrVal=array(), $order="", $is_download=false)
 sfGetCsvOutput ($csv_id="", $where= '', $arrVal=array(), $order= 'rank, no')
 sfIsImportCSVFrame (&$arrCSVFrame)
 sfIsUpdateCSVFrame (&$arrCSVFrame)
 sfGetCSVRecordCount ($fp)
 cbOutputCSV ($data)
 sfDownloadCsvFromSql ($sql, $arrVal=array(), $file_head= 'csv', $arrHeader=array(), $is_download=false)
 sfArrayToCsv ($fields, $delimiter= ',', $enclosure= '"', $arrayDelimiter = '|')
 lfDownloadCsv ($arrData, $prefix="")
 lfDownloadCSVFile ($filepath, $prefix="")

変数

 $arrSubnavi
 $arrSubnaviName

関数

cbOutputCSV ( data)

CSV作成 テンポラリファイル出力 コールバック関数

引数:
mixed$data出力データ
戻り値:
boolean true (true:固定 false:中断)
init ( )

項目情報を初期化する.

private

戻り値:
void
lfDownloadCsv ( arrData,
prefix = "" 
)

配列データのCSVを送信する。

引数:
array$fieldsデータ配列
string$prefix
戻り値:
void
lfDownloadCSVFile ( filepath,
prefix = "" 
)

CSVファイルを送信する。

引数:
string$filepath送信するファイルのフルパス
string$prefix
戻り値:
void

デフォルトコンストラクタ.

sfArrayToCsv ( fields,
delimiter = ',',
enclosure = '"',
arrayDelimiter = '|' 
)

1次元配列を1行のCSVとして返す 参考: http://jp.php.net/fputcsv

引数:
array$fieldsデータ1次元配列
string$delimiter
string$enclosure
string$arrayDelimiter
戻り値:
string 結果行
sfDownloadCsv ( csv_id,
where = "",
arrVal = array(),
order = "",
is_download = false 
)

CSVファイルを送信する

引数:
integer$csv_idCSVフォーマットID
string$whereWHERE条件文
array$arrValプリペアドステートメントの実行時に使用される配列。配列の要素数は、クエリ内のプレースホルダの数と同じでなければなりません。
string$orderORDER文
boolean$is_downloadtrue:ダウンロード用出力までさせる false:CSVの内容を返す(旧方式、メモリを食います。)
戻り値:
mixed $is_download = true時 成功失敗フラグ(boolean) 、$is_downalod = false時 string
sfDownloadCsvFromSql ( sql,
arrVal = array(),
file_head = 'csv',
arrHeader = array(),
is_download = false 
)

SQL文からクエリ実行し CSVファイルを送信する

引数:
integer$sqlSQL文
array$arrValプリペアドステートメントの実行時に使用される配列。配列の要素数は、クエリ内のプレースホルダの数と同じでなければなりません。
string$file_headファイル名の頭に付ける文字列
array$arrHeaderヘッダ出力列配列
boolean$is_downloadtrue:ダウンロード用出力までさせる false:CSVの内容を返す(旧方式、メモリを食います。)
戻り値:
mixed $is_download = true時 成功失敗フラグ(boolean) 、$is_downalod = false時 string
sfGetCsvOutput ( csv_id = "",
where = '',
arrVal = array(),
order = 'rank,
no'   
)

CSV 項目を出力する.

引数:
integer$csv_idCSV ID
string$whereSQL の WHERE 句
array$arrValWHERE 句の要素
array$orderSQL の ORDER BY 句
戻り値:
array CSV 項目の配列

CSVファイルのカウント数を得る.

引数:
resource$fpfopenを使用して作成したファイルポインタ
戻り値:
integer CSV のカウント数
sfIsImportCSVFrame ( &$  arrCSVFrame)

CSVが出力設定でインポート可能かのチェック

引数:
arraysfGetCsvOutputで取得した内容(またはそれと同等の配列)
戻り値:
boolean true:インポート可能、false:インポート不可
sfIsUpdateCSVFrame ( &$  arrCSVFrame)

CSVが出力設定で更新可能かのチェック

引数:
arraysfGetCsvOutputで取得した内容(またはそれと同等の配列)
戻り値:
boolean true:更新可能、false:新規追加のみ不可

構造体

$arrSubnavi

項目英名

$arrSubnaviName

項目名


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数