EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_FormParam
SC_FormParamに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_FormParam ()
 initParam ()
 addParam ($disp_name, $keyname, $length="", $convert="", $arrCheck=array(), $default="", $input_db= 'true')
 setParam ($arrVal, $seq=false)
 setHtmlDispNameArray ()
 getHtmlDispNameArray ()
 setParamList ($arrVal, $keyname)
 setDBDate ($db_date, $year_key= 'year', $month_key= 'month', $day_key= 'day')
 setValue ($key, $param)
 toLower ($key)
 checkError ($br=true)
 recursionCheck ($disp_name, $func, $value, &$arrErr, $error_key, $length=0, $depth=0, $error_last_key=null)
 convParam ()
 recursionConvParam (&$value, $convert)
 getHashArray ($arrKey=array())
 getDbArray ()
 getSwapArray ($arrKey=array())
 getTitleArray ()
 getCount ()
 getFormParamList ()
 getKeyList ()
 getValue ($keyname, $default= '')
 splitParamCheckBoxes ($keyname)
 trimParam ($has_wide_space=true)
 recursionTrim (&$value, $has_wide_space=true)
 getSearchArray ($prefix= 'search_')
 getFormDispArray ()

変数

 $param
 $disp_name
 $keyname
 $length
 $convert
 $arrCheck
 $default
 $input_db
 $html_disp_name

関数

convParam ( )

フォームの入力パラメーターに応じて, 再帰的に mb_convert_kana 関数を実行する.

戻り値:
voi
参照:
mb_convert_kana
getHashArray ( arrKey = array())

連想配列で返す

引数:
array$arrKey対象のキー
戻り値:
array 連想配列

キー名の一覧を返す

戻り値:
array キー名の一覧
getSearchArray ( prefix = 'search_')

検索結果引き継ぎ用の連想配列を取得する.

引数で指定した文字列で始まるパラメーター名の入力値を連想配列で取得する.

引数:
string$prefixパラメーター名の接頭辞
戻り値:
array 検索結果引き継ぎ用の連想配列.
getSwapArray ( arrKey = array())

配列の縦横を入れ替えて返す

引数:
array$arrKey対象のキー
戻り値:
array 縦横を入れ替えた配列
initParam ( )

パラメーターの初期化

戻り値:
void
recursionCheck ( disp_name,
func,
value,
&$  arrErr,
error_key,
length = 0,
depth = 0,
error_last_key = null 
)

SC_CheckError::doFunc() を再帰的に実行する.

再帰実行した場合は, エラーメッセージを多次元配列で格納する

TODO 二次元以上のエラーメッセージへの対応

引数:
string$disp_name表示名
string$funcチェック種別
mixed$valueチェック対象の値. 配列の場合は再帰的にチェックする.
array$arrErrエラーメッセージを格納する配列
string$error_keyエラーメッセージを格納する配列のキー
integer$lengthチェック対象の値の長さ
integer$depth再帰実行した場合の深度
integer$error_last_keyエラーメッセージを格納する配列の末端のキー
戻り値:
void
recursionConvParam ( &$  value,
convert 
)

再帰的に mb_convert_kana を実行する.

引数:
mixed$value変換する値. 配列の場合は再帰的に実行する.
string$convertmb_convert_kana の変換オプション
recursionTrim ( &$  value,
has_wide_space = true 
)

再帰的に入力パラメーターの先頭及び末尾にある空白文字を削除する.

引数:
mixed$value変換する値. 配列の場合は再帰的に実行する.
boolean$has_wide_space全角空白も削除する場合 true
戻り値:
void
splitParamCheckBoxes ( keyname)
trimParam ( has_wide_space = true)

入力パラメーターの先頭及び末尾にある空白文字を削除する.

引数:
boolean$has_wide_space全角空白も削除する場合 true
戻り値:
void

構造体

$default

何も入力されていないときに表示する値

$input_db

DBにそのまま挿入可能か否か


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数