EC-CUBE
Public メソッド | Static Public メソッド | 変数
クラス SC_Display
SC_Displayに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_Display ($hasPrevURL=true)
 setPrevURL ()
 prepare ($page, $is_admin=false)
 reload ($queryString=array(), $removeQueryString=false)
 noAction ()
 addHeader ($name, $value)
 setDevice ($device=DEVICE_TYPE_PC)
 setView ($view)
 assign ($val1, $val2)
 assignobj ($obj)
 assignarray ($array)

Static Public メソッド

 detectDevice ()

変数

 $response
 $device
 $view
 $deviceSeted = false

説明

Http コンテンツ出力を制御するクラス.

作者:
Ryuichi Tokugami
バージョン:
Id:
SC_Display.php 20970 2011-06-10 10:27:24Z Seasoft

関数

addHeader ( name,
value 
)

ヘッダを追加する.

detectDevice ( ) [static]

機種を判別する。

SC_Display::MOBILE = ガラケー = 1 SC_Display::SMARTPHONE = スマホ = 2 SC_Display::PC = PC = 10

戻り値:
integer 端末種別ID
prepare ( page,
is_admin = false 
)

LC_Page のパラメーターを, テンプレートに設定し, 出力の準備を行う.

引数:
LC_Page$pageLC_Page インスタンス
$is_adminboolean 管理画面を扱う場合 true
reload ( queryString = array(),
removeQueryString = false 
)

リロードを行う.

SC_Response::reload() のラッパーです.

setDevice ( device = DEVICE_TYPE_PC)

デバイス毎の出力方法を自動で変更する、ファサード Enter description here ...

setView ( view)

SC_View インスタンスを設定する.


構造体

$view

SC_View インスタンス


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数