EC-CUBE
Public メソッド | 変数
クラス SC_CheckError
SC_CheckErrorに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 SC_CheckError ($array="")
 doFunc ($value, $arrFunc)
 HTML_TAG_CHECK ($value)
 EXIST_CHECK ($value)
 EXIST_CHECK_REVERSE ($value)
 SPTAB_CHECK ($value)
 NO_SPTAB ($value)
 ZERO_START ($value)
 SELECT_CHECK ($value)
 EQUAL_CHECK ($value)
 DIFFERENT_CHECK ($value)
 GREATER_CHECK ($value)
 MAX_LENGTH_CHECK ($value)
 MIN_LENGTH_CHECK ($value)
 MAX_CHECK ($value)
 MIN_CHECK ($value)
 NUM_CHECK ($value)
 NUM_POINT_CHECK ($value)
 ALPHA_CHECK ($value)
 TEL_CHECK ($value)
 FULL_EXIST_CHECK ($value)
 ALL_EXIST_CHECK ($value)
 ONE_EXIST_CHECK ($value)
 TOP_EXIST_CHECK ($value)
 KANA_CHECK ($value)
 KANABLANK_CHECK ($value)
 ALNUM_CHECK ($value)
 GRAPH_CHECK ($value)
 ZERO_CHECK ($value)
 NUM_RANGE_CHECK ($value)
 NUM_COUNT_CHECK ($value)
 EMAIL_CHECK ($value)
 EMAIL_CHAR_CHECK ($value)
 URL_CHECK ($value)
 IP_CHECK ($value)
 FILE_EXT_CHECK ($value)
 FIND_FILE ($value)
 FILE_EXIST_CHECK ($value)
 FILE_SIZE_CHECK ($value)
 FILE_NAME_CHECK ($value)
 FILE_NAME_CHECK_BY_NOUPLOAD ($value)
 CHECK_DATE ($value)
 CHECK_DATE2 ($value)
 CHECK_DATE3 ($value)
 CHECK_BIRTHDAY ($value)
 CHECK_SET_TERM ($value)
 CHECK_SET_TERM2 ($value)
 CHECK_SET_TERM3 ($value)
 DIR_CHECK ($value)
 DOMAIN_CHECK ($value)
 MOBILE_EMAIL_CHECK ($value)
 CHECK_REGIST_CUSTOMER_EMAIL ($value)
 PROHIBITED_STR_CHECK ($value)
 EVAL_CHECK ($value)
 evalCheck ($value)
 createParam ($value)
 numelicCheck ($string)

変数

 $arrErr = array()
 $arrParam

関数

CHECK_REGIST_CUSTOMER_EMAIL

メールアドレスが会員登録されているか調べる

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象メールアドレス public
戻り値:
void
createParam ( value)

未定義の $this->arrParam に空要素を代入する.

private

引数:
array$value配列
戻り値:
void
DIFFERENT_CHECK ( value)

値が異なることの判定

入力が指定文字数以上ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名1 value[1] = 項目名2 value[2] = 判定対象文字列1 value[3] = 判定対象文字列2
戻り値:
void
EMAIL_CHECK ( value)

メールアドレス形式の判定

引数:
array$value各要素は以下の通り。
[0]: 項目名
[1]: 判定対象を格納している配列キー
戻り値:
void
EQUAL_CHECK ( value)

同一性の判定

入力が指定文字数以上ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名1 value[1] = 項目名2 value[2] = 判定対象文字列1 value[3] = 判定対象文字列2
戻り値:
void
EVAL_CHECK ( value)

PHPコードとして評価可能かチェックする.

private

引数:
array$value[0] => 項目名, [1] => 評価する文字列
戻り値:
void
evalCheck ( value)

$value が PHPコードとして評価可能かチェックする.

private

引数:
mixedPHPコードとして評価する文字列
戻り値:
mixed PHPコードとして評価できない場合 false, 評価可能な場合は評価した値
EXIST_CHECK ( value)

必須入力の判定

受け取りがない場合エラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象
戻り値:
void
EXIST_CHECK_REVERSE ( value)

必須入力の判定(逆順)

受け取りがない場合エラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 判定対象 value[1] = 項目名
戻り値:
void
GREATER_CHECK ( value)

値の大きさを比較する value[2] < value[3]でなければエラー

入力が指定文字数以上ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名1 value[1] = 項目名2 value[2] = 判定対象文字列1 value[3] = 判定対象文字列2
戻り値:
void
HTML_TAG_CHECK ( value)

HTMLのタグをチェックする

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象 value[2] = 許可するタグが格納された配列
戻り値:
void
MAX_CHECK ( value)

最大文字数制限の判定

入力が最大数以上ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列 value[2] = 最大数]
戻り値:
void
MAX_LENGTH_CHECK ( value)

最大文字数制限の判定

入力が指定文字数以上ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列 value[2] = 最大文字数(半角も全角も1文字として数える)
戻り値:
void
MIN_CHECK ( value)

最小数値制限の判定

入力が最小数未満ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列 value[2] = 最小数
戻り値:
void
MIN_LENGTH_CHECK ( value)

最小文字数制限の判定

入力が指定文字数未満ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列 value[2] = 最小文字数(半角も全角も1文字として数える)
戻り値:
void
NO_SPTAB ( value)

スペース、タブの判定

受け取りがない場合エラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象
戻り値:
void
NUM_CHECK ( value)

数字の判定

入力文字が数字以外ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列
戻り値:
void
NUM_POINT_CHECK ( value)

小数点を含む数字の判定

入力文字が数字以外ならエラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象文字列
戻り値:
void
numelicCheck ( string)

値が数字だけかどうかチェックする

private

引数:
string$stringチェックする文字列
戻り値:
boolean 値が10進数の数値表現のみの場合 true
SELECT_CHECK ( value)

必須選択の判定

プルダウンなどで選択されていない場合エラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象
戻り値:
void
SPTAB_CHECK ( value)

スペース、タブの判定

受け取りがない場合エラーを返す

引数:
array$valuevalue[0] = 項目名 value[1] = 判定対象
戻り値:
void
TEL_CHECK ( value)

電話番号の判定

数字チェックと文字数チェックを実施する。

引数:
array$value各要素は以下の通り。
[0]: 項目名
[1]: 電番1項目目
[2]: 電番2項目目
[3]: 電番3項目目
[4]: 電話番号各項目制限 (指定なしの場合、TEL_ITEM_LEN)
[5]: 電話番号総数 (指定なしの場合、TEL_LEN)
戻り値:
void

このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数