EC-CUBE
Public メソッド
クラス LC_Page_Admin_System_Masterdata
LC_Page_Admin_System_Masterdataに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]
LC_Page_Admin_System_Masterdataのコラボレーション図
Collaboration graph
[凡例]

Public メソッド

 init ()
 process ()
 action ()
 destroy ()
 checkMasterDataName (&$arrParams, &$arrMasterDataName)
 getMasterDataNames ($ignores=array())
 checkUniqueID (&$arrParams)
 registMasterData ($arrParams, &$masterData, $master_data_name)

関数

action ( )

Page のアクション.

戻り値:
void
checkMasterDataName ( &$  arrParams,
&$  arrMasterDataName 
)

マスターデータ名チェックを行う

private

引数:
array$_POST値
array$arrMasterDataNameマスターデータテーブル名のリスト
戻り値:
string $master_data_name 選択しているマスターデータのテーブル名
checkUniqueID ( &$  arrParams)

ID の値がユニークかチェックする.

重複した値が存在する場合はエラーメッセージを表示する.

private

戻り値:
void|string エラーが発生した場合はエラーメッセージを返す.
destroy ( )

デストラクタ.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_System_Masterdata_Exで再定義されています。

getMasterDataNames ( ignores = array())

マスターデータ名を配列で取得する.

private

引数:
array$ignores取得しないマスターデータ名の配列
戻り値:
array マスターデータ名の配列
init ( )

Page を初期化する.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_System_Masterdata_Exで再定義されています。

process ( )

Page のプロセス.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_System_Masterdata_Exで再定義されています。

registMasterData ( arrParams,
&$  masterData,
master_data_name 
)

マスターデータの登録.

private{

引数:
array$arrParams$_POST値
object$masterDataSC_DB_MasterData_Ex()
string$master_data_name登録対象のマスターデータのテーブル名
戻り値:
void

このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数