EC-CUBE
Public メソッド
クラス LC_Page_Admin_Design_Template
LC_Page_Admin_Design_Templateに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]
LC_Page_Admin_Design_Templateのコラボレーション図
Collaboration graph
[凡例]

Public メソッド

 init ()
 process ()
 action ()
 destroy ()
 lfInitParam (&$objFormParam)
 doUpdateMasterData ($template_code, $device_type_id)
 updateBloc ($filepath)
 doDelete ($template_code, $device_type_id)
 doRegister ($template_code, $device_type_id)
 doDownload ($template_code)
 getAllTemplates ($device_type_id)
 getTemplateName ($device_type_id, $isDefault=false)

関数

action ( )

Page のアクション.

戻り値:
void
destroy ( )

デストラクタ.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_Design_Template_Exで再定義されています。

doDelete ( template_code,
device_type_id 
)

テンプレートパッケージの削除.

引数:
string$template_codeテンプレートコード
integer$device_type_id端末種別ID
戻り値:
boolean 成功した場合 true; 失敗した場合 false
doDownload ( template_code)

ダウンロードを実行する.

指定のテンプレートをアーカイブし, ブラウザに出力する. 失敗した場合は, エラーメッセージを出力し, false を返す.

引数:
string$template_codeテンプレートコード
戻り値:
boolean 成功した場合 true; 失敗した場合 false
doRegister ( template_code,
device_type_id 
)

登録を実行する.

失敗した場合は, エラーメッセージを出力し, false を返す.

引数:
string$template_codeテンプレートコード
integer$device_type_id端末種別ID
戻り値:
boolean 成功した場合 true; 失敗した場合 false
doUpdateMasterData ( template_code,
device_type_id 
)

使用するテンプレートを設定する.

テンプレートをマスターデータに登録する.

引数:
string$template_codeテンプレートコード
integer$device_type_id端末種別ID
戻り値:
void
getAllTemplates ( device_type_id)

テンプレート情報を取得する.

引数:
integer$device_type_id端末種別ID
戻り値:
array テンプレート情報の配列
getTemplateName ( device_type_id,
isDefault = false 
)

テンプレート名を返す.

引数:
integer$device_type_id端末種別ID
boolean$isDefaultデフォルトテンプレート名を返す場合 true
戻り値:
string テンプレート名
init ( )

Page を初期化する.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_Design_Template_Exで再定義されています。

lfInitParam ( &$  objFormParam)

パラメーター情報の初期化

引数:
object$objFormParamSC_FormParamインスタンス
戻り値:
void
process ( )

Page のプロセス.

戻り値:
void

LC_Page_Adminを再定義しています。

LC_Page_Admin_Design_Template_Exで再定義されています。

updateBloc ( filepath)

ブロック位置の更新.

ブロック位置を更新する SQL を実行する. この SQL は, 各端末に合わせて実行する必要がある

引数:
string$filepathSQLのファイルパス
戻り値:
void

このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数