EC-CUBE
Public メソッド
クラス GC_Utils
GC_Utilsに対する継承グラフ
Inheritance graph
[凡例]

Public メソッド

 gfDownloadCsv ($header, $contents)
 gfSetCsv ($array, $arrayIndex="")
 gfGetAge ($dbdate)
 gfDebugLog ($obj)
 gfGetCallerInfo ($forLogInfo=true)
 gfGetLogStr ($mess, $log_level='Info')
 gfAdminLog ($mess, $log_level='Info')
 gfFrontLog ($mess, $log_level='Info')
 gfPrintLog ($mess, $path= '')
 gfLogRotation ($max_log, $max_size, $path)
 gfMakePassword ($pwLength)
 gfMailHeaderAddr ($str)

関数

gfAdminLog ( mess,
log_level = 'Info' 
)

管理画面用ログ出力

管理画面用ログ出力を行ないます

引数:
string$messログメッセージ
string$log_levelログレベル("Info" or "Debug")
戻り値:
void
gfDebugLog ( obj)

ログファイルに変数の詳細を出力

引数:
mixed$obj
戻り値:
void
gfFrontLog ( mess,
log_level = 'Info' 
)

フロント用ログ出力

フロント用ログ出力を行ないます

引数:
string$messログメッセージ
string$log_levelログレベル("Info" or "Debug")
戻り値:
void
gfGetCallerInfo ( forLogInfo = true)

呼び出し元関数名を返します

引数:
int$forLogInfoログ出力用に利用するかどうか(1:ログ出力用に利用する)
戻り値:
string 呼び出し元クラス、関数名、行数の文字列表現
gfGetLogStr ( mess,
log_level = 'Info' 
)

ログメッセージに、呼び出し元関数名等の情報を付加して返します

引数:
string$messログメッセージ
string$log_levelログレベル("Info" or "Debug")
戻り値:
string ログメッセージに呼び出し元関数名等の情報を付加した文字列
gfLogRotation ( max_log,
max_size,
path 
)

ログローテーション機能

XXX この類のローテーションは通常 0 開始だが、本実装は 1 開始である。 この中でログ出力は行なわないこと。(無限ループの懸念あり)

引数:
integer$max_log最大ファイル数
integer$max_size最大サイズ
string$pathファイルパス
戻り値:
void

このクラスの説明は次のファイルから生成されました:
 全て データ構造 ネームスペース 関数 変数